ブログ

【1分で完了】アドセンスに貼る広告は選べる?広告表示の調整方法!

どうもTaviです。

アドセンス広告を設定している方は、読者側でどんな表示になっているかご存じでしょうか。

自分が意図していないこととはいえ、読者ファーストを意識しているのに読者が不快な広告を流すのは読者の目線に立つという行動からは反れています。

今回、広告をこちら側でコントロールできる神業を発見してしまったので共有します。

わたし
わたし
神業ってほどでもないです、すみません

アドセンス広告表示の調整方法

  1. アドセンスページを開く
  2. 左側の広告レビュークリック
  3. 表示したくない広告の左下のマークをクリック
  4. 微調整

アドセンスの表示される広告を選ぶ方法

1.グーグルアドセンスページを開く

Googleアドセンスのページにログインします。

2.「ブロックのコントロール」→「広告レビューセンター」を選択

すみません、言い方がわからず。

左の欄から「広告レビューセンター」を選択します。

3.広告毎右下のマークをクリックして非表示にしていく

このマークをクリックすると「広告をブロックしました」と表示がでてきます

4.右下の「すべて審査済みとしてマーク」をクリック

このマークをクリックすると、広告が更新されます。

不適切広告を選択していると、自分主体になりがちになります。

自分のページからみてくれた人に適切だと思ったら残しておきましょう。

 

アドセンス広告調整におけるデメリット

1.調整頻度が難しい

広告毎に広告表示期限というものがあります。

更新頻度が難しいです。

わたし
わたし
自分以外の誰かが何に心をひっかけるかわかりません。

ある程度はほおっておいて大丈夫です!

 

2.一度非表示にしても同じような広告が湧き出てくる

わたし
わたし
キリがねぇぇぇぇ!

広告は700以上ある上に、出稿主が異なる場合があります。

その際同じ広告を何回も消すことになります。

3.広告の数がものすごく多いので労力が大きい

広告数が多いため時間と手間がかかります。

こちらも同様、ある程度の見極めが必要です。

アドセンス広告表示調整のまとめ

アドセンス広告表示を調整する方法

方法

  1. アドセンスページを開く
  2. 左側の広告レビュークリック
  3. 表示したくない広告の左下のマークをクリック
  4. 微調整

デメリット

  1. 調整頻度が難しい
  2. 一度非表示にしても同じような広告が湧き出てくる
  3. 広告の数がものすごく多いので労力が大きい→表示回数が最も多い広告から調整していく

さぁ!

自分の広告を調整できたら自分のサイトが自分好みに環境を作ることができすようになりますね!

皆さんのブログがユーザファーストになれますように。

 

●「売上最大化」「コスト最小化」を
     追求する企業が潰れてしまう理由

●企業や社会の崩壊を引き起こす根本原因と、
    破綻を防ぐために最も変えるべきもの

●コロナ禍において、お客様から「切られない」
    ために最も重要なこととは?

などなど、新たな視点で
経営というものを捉えられるはずです。

無料公開されているので、
ぜひ一度視聴してみて下さい。
【ここから】

経営者や起業家・フリーの方には特におすすめです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください