ブログ

Google Search Consoleで登録したのに検索で出てこない?httpsに設定する方法!

Google Search ConsoleでURLを登録したのに、自分のサイト名が出てこなかったことはありませんか?

私は1か月前にGoogle Search Consoleに登録したのになぜサイトが登録されていないんだ?

こんな状態が続き、オンラインで質問してみたところ次のような回答をいただきました。

アドバイスしてくれた方
アドバイスしてくれた方
どうやらしらいしさんのサイトはhttpsとhttpが混在しているようです。

 

問題点

httpとhttpsが混在しているためGoogle Search Consoleに登録できない

解決策

サーバーを常時SLL化すること

 

httpとhttpsの違い

 

httpとhttpsの違いは、通信が暗号化されていないか暗号化されているかの違いです。

httpsが暗号化されている状態です。

 

WebブラウザとWebサーバで、ネットバンキング、クレジットカード決済サービス、個人情報登録や編集を行うようなケースでhttpsが利用されます。

httpsを使えば内容は暗号化されるので、第三者がその内容を知ることは出来ません。

解決法

「SSLサーバ証明書」をサーバにインストールすることにより暗号化通信が実現できます。

 

エックスサーバーの場合

私はエックスサーバーを利用しているため、エックスサーバーの説明をいたします。



より信頼性の高い「オプション独自SSL」という設定方法もあります。

今回は「無料独自SSL」の設定方法をお伝えします。

外部サーバーですでに運用中のサイトに対しても、エックスサーバー側で無料独自SSLを事前に設定することができます。

 

1.「SSL設定」をクリック

サーバーパネルにログインし、「SSL設定」をクリックします。

2.「独自SSL設定追加」をクリック

設定するドメインまたはサブドメインを選択し、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

※独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

 

CRS情報の設定について

無料独自SSLはCRS情報を設定せずに手続きが可能です。

必要に応じて以下の手順での設定が可能です。

1.「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックを入れます。

2.項目を全て入力します

国(country):2文字で構成される国コード(ISO略語)
※日本の場合は「JP」です。

都道府県(state):サイト運営組織の都道府県名
例)Kagawa

市区町村(local):サイト運営組織の市区町村名

例)Kagawa-shi

組織(org):サイト運営組織の法律上の正式英文名称
例)Sample Inc.

部署(unit):サイト運営組織の部署名
例)Sales

3.「追加する」をクリック

内容を確認し、「追加する」をクリックします。

4.設定完了

一覧画面に設定したドメインが表示されていれば設定完了です。
最大1時間程度で反映します。

独自SSLの設定が完了した時点では、「http://~」から「https://~」のURLへ自動的に転送されることはありません。
Webサイトにおけるすべての表示を常時SSL化する場合は、マニュアル「Webサイトの常時SSL化」を確認しましょう。

webサイトの常時SSL化はこちらのページから説明があります。

私も設定してみましたが、サーバパネルに「上級者向け」と記載があったためびっくりしました。

 

 

まとめ

今回は、エックスサーバーのSSL設定についてでした。

Google Search Consoleに登録するとき、検索するときそれぞれが違うことに驚きました。

しかし、1つ解決すればものすごくほっとしますね!

私も模索しながらブログ設定を行っていますが、エックスサーバーはサイトにも色々な手順を公開されています。

 





スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください